私は毎日タバコを吸っている、それも61年間休んだことがない。そのお陰か風邪をひいて熱を出したことがない。喫煙はある医師から勧められた事でもある。喫煙は癒されるので副交感神経が動き出し血中のマクロファージが次々と出来、外敵を、バリバリやっつけるとかニコチンが脳神経細胞に働きかけドーパミンとなり前頭前野に飛んで行き創意工夫の能力がアップすると言われた事がある。小説家の100パーセンントは喫煙者だそうだ、創意工夫が無ければ面白いものや感度的な物語は出来ないだろう。
 30年ほど前に東北大学医学部のラット試験の動画を見たことがあった。ある迷路をニコチンを投与した6っ匹とそうでないのを入れたらニコチン投与をしたラットは全部その迷路をあちこち歩き結果として全部が多りぬけたが、ニコチン無しのラットは一匹も出ることが出来なかった。その時の説明では集中力と克己心の差があるとのことだった。私もこの年になっても新製品を開発したり、新しい発見をすることがある。今朝も会社に着くなり外で一服したが実に美味かった、今日はどんな仕事ができるか楽しみなことでもある。