昨日は超有名な大企業でもある飲料メーカーに「なんでもくん」を出荷した。この企業は大手家電メーカーとコラボで特殊な素材で作られているタンブラーに印刷する為の購入だったが、どんなイベントを企画しているのかは知る事は出来ないが、私等の目に留まるイベントになるのを楽しみにしている。
 場内では印刷が面倒な複雑なものに印刷するのを娘と女子職員が印刷していたが、これも昨日中に依頼者の住所でなく、送る所と出荷者の別名の荷札で10セットだけ送り残りは来年納品する事になっている。かなり難しい素材だったが娘たちが綺麗に印刷を仕上げていた。娘の技術も半端でなく安心堂の技術者として十分成長している。このペアは洗面器への印刷も立派にこなしている、洗面器の底に大きな印刷するのは我が社の得意技として、時々洗面器への印刷依頼は他所からくることもある。洗面器のへの印刷は数量が多いが既に出来上がっているので何時でも出荷できるが、追加分が有りそうで出荷待ちになっている。
 年末が近いのに「なんでもくん」の消耗品の出荷が続いている、しばらく見えなかったところが最近消耗品を見えたり、大手電線メーカーからも溶剤などの注文がはいってくる。
 今年は「なんでもくん」の出荷も多かったが、私が一番嬉しいのは消耗品の注文の無い日は殆どない、それだけパッド印刷を有効利用している所が増えている、「なんでもくん」が事業を活性化している、パッド印刷とは縁のなかった人達がパッド印刷に習熟してきている、パッド印刷の伝道師としてはこの上ない喜びとしている。
 令和2年も新しい動きが始まる、日本経済は難しい所に活路を見付ける、中小零細企業だからこそできる仕事も多々ある。新年も忙しい事になるだろう。