土曜日の朝は腰に激痛が走り起き上がる事が出来なくなってしまった。歩くにも一歩が出ない。摺り足で前に進むしかない。「足立ものづくりフェスタ」に出展して区民との交流を予定してましたが、諦めるしかなくなってしまった。
 先週から近くの整形外科に通っていました。検査して痛み止めの薬やシップ、腰ベルトなどが処方されましたが、痛みは全く無くなることが無く、異次元の腰痛なのではないかと思う、この病院には他所にないような検査機器が有ると聞いていた。検査予約を8日の13時に予約させられたが、検査時間も指定されている。MRIやその他の機器を駆使するのだと思う。それまでの痛み止めとして座薬を処方されたが、座薬も全く効かない。
 市川のカイロの先生を頼るしかなく、電話したら土曜の7時しか空いてないと言うので夕方にタクシーで行くよりなかった。タクシーを6時頃に呼ばなければならないので傍の大黒寿司に行って呼んで貰う事にしたが、足が一歩出ない、摺り足で歩くような様だった。流石カイロの名人は腰痛は直ぐには取れないが足は運べるようにしてくれた。
 土曜日の朝近くの未来クラブのメンバーの阿出川さんが痛みが消える魔法の腰痛学と言う本を持って来てくれた。世界10万人の医療従事者に指導して居いるこの本を読むと腰痛は自分で治すしかないと言う事が分かった。
 この本を読ませてくれた阿出川さんには感謝します。私の腰痛は豪病で下手すると一生腰痛を背負って生きていかなければならないかとも思った。自分の努力次第で腰痛は治るらしい。これから方法を学習するつもりです。