昨日の早朝、昨日より早く「あだち新製品開発講座」参加企業の会社訪問をした。ところがナビゲータが誤作動し、やや遅れて目的地に着くことは出来た。親の代から引き継ぎ、2代目の金属加工屋でしたが、製粉に必要な特殊な機器を有名な製粉会社に納入している。その装置もベンダーやタレパンで加工しアルゴン溶接をするのですが狭い作業場をフル活動させてかなりの量を製造している。狭い場所でも使い方一つ、要領次第だと感じた。彼にも自分の考えで自分の商品を開発して自分独自のマーケットを創り出す事に成功して欲しいと思っている。
 昨日は割合早く帰社できたのですが、それからが私でなければ出来ない印刷治具を考え、製版もシルクスクリーン印刷用の版が限界だと思えるような精細な文字列が有り、だめならパッド印刷でやるしかないと思えるようデータでしたが、その版の製版は上手く行ったようだった。それを「じざいくん」にセットして印刷するばかりしておいた。その後今日から作業に入るための版を17版も製版した。寸部の暇もないような午前中だったが、午後は名古屋から「なんでもくん」研修を受けに来る予約が入っていた。
 午後になってその方達はにこやかに入ってきて、私の事は以前から知っているような雰囲気で接してくれた。当社のホームページを見て動画で全てを理解してきたようだった。笑顔がこちらをも笑顔にさせる、先ず暑い所を歩いてきたので冷えた飲み物で一息ついてから、説明に入った。持って見えたのが自分でデザインした猫の絵で、その製版から始まった。40棲僂糧任能侏茲襪茲Δ暴名し、版を「なんでもくん」にセットして、印刷までレクチャーした。二人とも自分の持ち物色々に印刷して見た。器用に印刷するので安心しました。兎に角標準セット全てを購入したいので請求書を送って欲しいと言って爽やかに帰って行きました。疲れていたのだが元気を貰ったようで忙しい一日を爽やかに過ごせた。