昨日は未来大学の学生の第2陣5名がやって来ました。前回と同じモチベーション学部の学生でしたが、前回と同じように株式会社安心堂は何をする会社を説明し、ボールペンに手動式パッド印刷機で印刷する体験もして貰いました。
 学生の質問に答えるものとして次のような話もした。昭和、平成、令和と3時代を生き抜いてきた背景は時代によって大きく変化した事も話しました。時代によって会社の在り様は変わるが、その影響は大きい。
 ただ、事業者としてのモチベーションは変わることが無かった、と言う話もした。私が何十年もの間病気一つせず、会社を一日たりとも休んだことが無い、それは会社で仕事をすることを楽しんでいるからと話した。ゴルフの渋野選手の笑顔ブームが有ったが、笑いも大切な事で「笑う門には福が来る」と言う言い伝えもある。皆私の話には感動してくれたと思う。
 私が開発した「なんでもくん」と言うパッド印刷機の勉強に全国から人がやって来る。こんなに嬉しい事はないし楽しいことない。毎日のように色んな問い合わせや印刷テストの仕事が来る。パッド印刷の将来は無限に広がっているようだ。パッド印刷の伝道師としての仕事はまだまだ続きそうだ。