昨日は「国際雑貨EXPO」で出会った方お二人がお出でになりました。午前にお見えになった方は「なんでもくん」研修を受けにお出でになりました。
 持って見えたのは小さなだるまだった。そのダルマに金色で印刷したいと言う事で、いつもの通り製版するところを見て頂いて、私がやった通りにご自分で製版を体験して頂きました。
 版は上手く出来たのですが、印刷位置を確定するにはダルマを固定する受け治具が無いと印刷は出来ないと知って頂きました。プラスチック粘土で受け治具を作るには少々時間が掛かると言う事で、昨日は次に行くところが有り時間がないので受け治具が出来たらまた来ると言って帰られた。
 私は直ぐプラスチック粘土をこねて受け治具をつくりました。午後には固まって使えるようにはしましたが、必ず定位置にセットできるようにするには調整が必要で面倒見ながら作り、3時過ぎには出来上がりました。今日にでも声を掛けたらやって来るでしょう。
 午後にお見えになった方は「国際雑貨EXPO」でお会いしたのですが、生保の女性の営業マンでした。当社の前をよく通りがかっていて当社は何をやっている会社か関心は持っていたらしいのです。展示会で印刷業と分かり、どんな印刷が出来るのか寄ってみたと言っていましたが、この生保とは当社は付き合いが有り、当社担当の営業マンは当社の開発したバランスインソールのファンになっていますと伝えました。営業マンは一日中歩き回るので当社のバランスインソールを履いていると一日中歩き回っても疲れないと言ってくれていると話した。私も一日中歩き回っているので是非買ってみたいと言って1足購入して頂きました。良かったら人にも勧めてみたいと言っていましたが、バランステストしてみたら驚きの声を上げ、色んな人にも紹介してみたいと言って帰られた。
 生保の営業マンでしかも女性で「国際雑貨EXPO」に行くと言うのは何にでも関心や好奇心のある人なのだなと感じました。