一昨日「なんでもくん」研修に見えた方はかなり前に「なんでもくん」を購入したが、その時本業が突如忙しくなり、「なんでもくん」使う暇がなくなってしまい、長い間使わず仕舞いになってしまっていたとの事だった。 
 一昨日は一人若い方を連れて来てその人にレクチャーして欲しいとの事だった。その人は別会社の方で若い人だった。
 今販売したいものが有るが、それに社名を刷り込まなければ販売できないので是非印刷を教えて欲しいとの事だった。持って見えたものはアスリートがはくとバランスが取れ調子が上がるパンツだと言う。
 幅の広い布地のゴムベルトで、あるロゴが既に印刷してあるがそのロゴの下の狭い所に自社ロゴを印刷した印刷機と言って、印刷データを持って見えていたのでポジを作り、製版を体験してもらい版を作った。布地に印刷する時は網を掛けず、1分露光して洗い出す、ほんの数分で版が出来てしまうのにも驚いていたが、私がそのパンツをラボジャッキに両面テープを張り付け、そのベルトを張り付け、その上にセロテープを張り、何度か印刷して位置出ししてセロテープを剥がし印刷をした。一度押したのでは色が薄いので2度3度と重ね刷りをしたが、それを見るたびに凄い!凄い!声を上げていた。
 3度重ねると細い文字の白色がはっきり鮮明になるので。この機械は凄い 何でこんな価格で販売しているのか、もっと高くても絶対売れると感動していた。
 自分でも印刷して見たが何度も重ね刷りが出来てしまうのには驚いていた。ガイドに沿って余分な力を入れなければ何度でも重ね刷りが出来る。自分で印刷して、この印刷機私も欲しいと言って見積書を持ち帰った。