今日は8時から展示物を展示するために早朝から出かけなければならない。10時の開場には十分間に合うが、一日中「なんでもくん」でパッド印刷のパフォーマンスをしているので長丁場をこなす事になる。おまけに第2水曜日なので「未来クラブ」の定例会を時間を遅らせて7時半から北千住の「日本海」で月例報告会がある。その後懇親会になるので帰宅は11時過ぎになるだろう、長い一日になる。
 最近は展示会などに出展する場合には娘が活躍してくれている、私が以前やっていた事をほとんど代行してくれている。今日も一緒に出掛けるが車の運転も荷下ろしや展示も彼女が主体になってやってくれるので私は大分楽をさせて貰っている。
 会場に来られる方達の大部分がパッド印刷をご存じない、知っている人でもパッド印刷を体験することなどない、その人たちに自分で石に印刷するのを体験してもらう。版は毎度のことだが「ツキを呼ぶ 福石」にしている。石は同じものが二つとてない、どんな凸凹面にでもフィットして綺麗に印刷が出来るので皆驚く、そして自分で印刷したものは自分で持ち帰ってもらう。
 石に福石と印刷してあるので捨てる人は居ない様だ、何年も持っている人は多い。そんなことで私は印刷の持つ高付加価値性を知ってもらう。とにかく「なんでもくん」は有効な印刷手段を現実化してくれる。福石と言う文字の下に小さな文字で「2018 産業交流展」と横並びで石の90度の側面にまで印刷が出来てしまうのには皆驚く、私の顔写真も平らな面があれば綺麗に印刷出来てしまう。その精度の高さにも驚きの色を見せてくれる。
 「なんでもくん」を導入した会社が大きく変身して居る例が多く有る。「なんでもくん」ほど少量多品種の物への印刷が出来るぱパッド印刷機は他に無い、印刷で独自な製品開発もアイデア次第で出来る。この三日間こんな説明を繰り返すことになるだろう。これが縁で「なんでもくん」ユーザーになってくれる方が多い、とにかく三日間を頑張りぬくつもりでいる。