昨日は細いケーブルに10センチ近くの絵柄を10センチ間隔で印刷を試みた。印刷依頼者が送ってきたのは1メートルくらいの細いケーブルだが、その細いケーブル100メートルの巻物に連続印刷をしたいらしい。絵柄も細い線があるのでそれが鮮明に印刷できるかのテスト依頼だった。細い線を印刷するにはプリンターでは無理が有るので工業写真屋に頼んだので鮮明に印刷は出来た。
 長さが1メートル位だから詩作は「なんでもくん」で試みたが10センチ間隔で印刷するための冶具には工夫が要った。仕上がりを場内の者達に見せたら皆綺麗だと言うので今日にでも送って差し上げようと思った。
 本番は100メートルのコードを巻き上げなら進めるので巻き取り機も考えなければならないだろう。何に使用するのか使用目的は知らないが我が社には色んなパッド印刷でなければ出来ない印刷が持ち込まれる。
 娘があるお客さんに呼ばれてその会社に言ったらお寺の坊さんを紹介されたらしい。その坊さんは有名な方で線香にその坊さんが書いた文字を印刷できないかとの相談だったらしい。細い線香でなく太いか平たい線香に印刷したいらしい。線香も特注すれば出来る、新しい仕事が増えるかもしれない。
 パッド印刷はこう言うものにも印刷が出来る、だから面白い。