「足立ブランド」としてギフトショーには何度も出展していましたが、「国際雑貨EXPO」は初めての出展だった。ある程度想像はしていましたが、想像以上の来客でギフトショー三日分位の名刺が一日で集まった感じでした。私は来場者だけでなく出展社の大部分が顧客対象ではないかと思っていましたが、案の定目の前のブースの方が印刷屋が出展してないかと探していたらしいのです。昨日の終わり近くにマグボトルを持って見えてそれに印刷する見積もり依頼とカタログ集を渡されて帰ってきました。カタログの大部分のものに印刷は可能です。
 開場する前に何件か当たってみましたが、私が印刷屋だと言うと皆受けが良かった。今日はチラシを渡しに行くところが何件も有ります。
 開場されてしまうと私等のブース前は人だかりが絶えなくなって、営業に歩く時間が取れない事になってしまいます。チラシも200枚しか印刷したものがありません、今日明日で無くなってしまう可能性も有ります。「足立ブランド」ブース前に人が集まるのを見て、区の産業振興課やコーディネーターの都市計画同人の社長も思った以上の反響に喜んでいました。
 昨日当社のホームページを見て会社の方に問い合わせの有った方も急遽社員を派遣して呉れましたが、当社に「なんでもくん」研修にお出で頂く事になりました。
 今日は空模様が荒れて人出が危ぶまれるが、来場者が少なくなっても営業的には問題ないだろう、
今日も張り切って出掛けることが出来る。