今日から今年度の「あだち新製品開発講座」が始まります。私が副講師を務めてから9年にもなりますが、講座の冒頭に講師紹介が有ります。その時に今年は私の名刺を受講者全員に手渡そうと思っています。
私の名刺

 「なんでもくん」が私独自のマーケットを創造している事や、これからの時代自分独自の製品開発の力を持つことが必要とされている事も話そうと思っている。
 世間一般ではパッド印刷と言うフレーズさえ知る人は少なく、ましてパッド印刷と言う印刷技法を教える人など居りません。私は従来型のパッド印刷ではなく私の開発した「なんでもくん」でパッド印刷の技術を印刷には縁のなかったような方々に教えているのです。
 私の名刺にはパッド印刷の伝道師と銘打っていますが自分の顔写真を「なんでもくん」で刷り込んでいます。これは最近印刷するようにしているのですが、名刺印刷をお願いしているのは近所のアイワコピーと言う印刷屋さんですが、写真も印刷してもらうと「なんでもくん」で印刷したような高精細な画像にはなりません。
 先日「あだちメッセ」で名刺に私の顔写真を印刷して見せるパフォーマンスをしましたが、その写真があまりにも精細なことに来場者は驚きの声を上げて呉れました。メッセには来場者が天候が良くないためか少ないと言われていましたが、私のブースの前は絶えず人だかりが有り、私を訪ねて来られた方と言葉を交わすことが出来ない状況になっていました。私の写真を石にも印刷しましたが石にも精細な印刷が出来るのに皆驚いてくれました。あまりにもその反響の良さに私も驚きました、それで暇なときに自分の写真を名刺にしておこうと思うようになったのです。
 昨日は富山県からお出での方が2時頃お出でになったのですが、その時に私の写真印刷を見て驚いたようです。
 「なんでもくん」「じざいくん」の研修をしました。この方は包装品やノベルティグッズなどを卸販売しているそうですが、売り上げが減っている事や競争が激しく単価競争で利益が少なくなっている現状を少量でも印刷で付加価値を付けて他業者との差別化を図りたいと言って来られたのです。
 少量多品種のものに印刷するのは「なんでもくん」が有効だと思って見えたのですが、自分で全て出来るように指導して差し上げました。「じざいくん」では版の再生をも教えました。自分で全て出来てしまう事に感動してました。5時過ぎまでいましたが、富山まで3時間半で着くと言って充分レクチャーできたので来て良かったと大満足して帰られました。
 火、水は懇親会などで飲み過ぎてしまったので寝過ごし、ブログを書くことが出来なかった。今日も懇親会が有るが飲み過ぎないように気を付けようと思っている。