今日は私の誕生日だと娘が一昨日誕生祝だと言って美味しそうなロールケーキをプレゼントしてくれました。それであっそうかと気が付いたくらいです、自分では戸籍年齢がまた一つ増えたと言う事で特別の感慨は感じていません。
 ただ一つ、この歳になるまで身体の調子が悪いと言って会社を休むと言う事はこの何十年もの間一日として無い身体の健康には自分の体に感謝しています。娘に貰ったケーキも健康を祝してくれたものとして美味しく今日頂きます。
 私が健康体で居られるのは免疫力が人一倍あるからなのではないかと思っています。もともと人には自己治癒力、免疫力が備わって生まれて来ているものと信じております。自ら持つ自己治癒力を長い生活習慣で損なってしまう事が在り得るとは思っています。
 私は自分の体の健康を他人に委ねることを一切しません、自分の健康は自分で守る、自分の体を一番よく知るのは自分しかあり得ないと思えるからです。
 ヒポクラテスは提言の中で人の身体には百名の名医が居るとも言っております。人は月に一度一日何も食べない日を作れば全ての病気は治ってしまうとも言っています。
 一日絶食しただけで身体の本能は生き残りをかけて8種類くらいのホルモンを発生させ、生きるのに不必要なものを全て排除してしまうとも聞いている。
 食べる物も私が幼少の頃から母親に勧められたものを食している。母は子供の私にも「朝茶その日の難逃れ」と言って茶を飲ませていた。朝食には納豆を欠かすこともほとんど無かった。ショッパイ梅干しもいつも有った。梅干しは見ただけでも唾液が出る、唾液が消化液として働くことを母親は何処で習ったのだろう。おそらく母を育てた母の祖母からだろうと思う、母の祖母は江戸時代の生まれで諸芸百般何でも出来た人らしかった。
 私は毎朝茶を入れて飲む習慣が有る、我が家の冷蔵庫に納豆が切れることは無い。家内はトマトが大好きでトマトが切れてることもない。
 それに私は海藻類が大好きで塩昆布、昆布の佃煮、何とか昆布と言ったものが絶えずある。我が家は毎日弁当を持参で出社している。時にはコンビニ弁当を食べることはあるが、成るべく添加物の無いものを食べるように心掛けている。
 弁当は自分で詰めますが2段弁当で一段は塩昆布を敷き詰めている。その他はその時家内が作ったものを詰めて行きます。梅干しも昔ながらの塩分の濃いものを食べている。醤油大好き人間で塩分の無いものなどほとんど食べない、減塩食品など口にしたこともない。塩分が高血圧の元みたいに言われていたが、最近塩分ではなく脂質が原因と分かったらしい。塩分が高血圧の元だったら私など高血圧で倒れても不思議が無いくらいだが、私の血圧はズット120台を維持している。
 それに具合が悪いと言って医院や病院に行くことは何十年も無い、医療とかかわりを持たない事にしている。オムロンの体組計を持っているが身体年齢はズット50台を維持している。
 誕生日だからと言って何か特別にすることはないが、私の人生はこれからだと思っている。毎日仕事を楽しむことだけは心掛けている。昨日もちょっとだけ会社に行き、やりたいことはやった。
 まだ学習したいことも沢山ある、孫たちに残して置きたいこともある。まだまだこれからやることは多くある、暦年齢で歳を取ったと老け込む必要はない。