「なんでもくん」で米粒に印刷する仕事が納期直前にやっと完成した。米粒にDJみそしるとMCごはんと「コメニケーション」と10.25新発売!の3行、その下にロゴと小さな米粒に印刷するのにはかなり苦労した。
 最初は手書きの原稿そのままに印刷を希望され、工業写真屋にポジを依頼したが危惧した通りに文字の細い部分や手書き漢字がつぶれてしまい、印刷してみても判読が出来ない状態から始まった。それに小さな米粒には入りきらない文字数だった。ポジフィルムを何度も作り直してチャレンジしたが入りきらない。連休の土曜日に普通のコメの1.5倍大きいのがあると発注先が送ってきてくれたので印刷したが、文字のつぶれは手書き原稿だと如何ともしょうがない。月曜日にポジを変えて再度チャレンジしてみたが判読できない部分があって無理だった。
 結局パソコンにある書体に原稿を作り変えたのを送ってきてくれたのだが、ロゴのアルファベットが細くて綺麗に印刷出来ない、ロゴだけ少し大きめにしたら綺麗な印刷にはなったが、3列の文字幅位に縮めて欲しいと言われまたポジを作り変えた。
 そのポジが一昨日の夜に郵便受けに写真屋が入れて置いてくれたので、昨日早速製版したが、露光タイムによって版の出来上がりが違って、綺麗に印刷できる版が中々出来なかったが、やっと露光タイムの呼吸をつかんだ。本来はガラス版で10ミクロンに彫ってもらって製版してもらえば簡単に印刷できるのだが、ガラス版の製販は時間が掛かり過ぎるので仕方なく自社の樹脂版で製版していたのだった。樹脂版でもガラス版に劣らない製版が出来るようになったのは良い経験をしたと思っている。
 昨日は発注先の担当者と広告代理店のデザイナーも来てくれて、米粒は一個づつ大きさが違い、印刷位置のずれがどうしても生じる、その選別を手伝ってもらえた。デザイナーは綺麗に印刷が出来ることを喜んでくれて途中で帰ったが、担当者は必要な数だけ出来上がるまで選別をして呉れていた。
 二人が来てくれたので助かった、印刷した米粒を掴み出すのも大変で手で掴むと印刷に触れてしまい、ピンセットで掴むのだが取り落としてしまうことがある。先の細いやっとこで掴み出すのが一番安定していた。
 帰りは5時過ぎになり担当者は人形町の社に戻ると言うので西新井駅まで送りながら帰った。二人が喜んでくれていたので遣り甲斐のある仕事になった。この米粒は最小のポスターになると言う、主要な駅にこの米粒がB3のポスターに貼り付けられどんな風に露出されるかも楽しみになる。「DJみそしるMCごはん」と言う歌手はネットでは大人気の人らしい、ユーチューブでは何万回も見られている。新発売の手伝いが出来嬉しいことになった、新しいCDが25日に発売されるが一枚購入してみようと思う。