娘が隣接する地域の諸々のコミュニテイグループの方々と最近交流を続けていたが、金曜日には江戸川区や葛飾区の若い2代目の印刷屋さんやデザイナーの方々を招いてシルクスクリーン印刷やパッド印刷の体験をするイベントを開催した。
 午後2時に集まった5名の方々はデザイナーの方々でTシャツに思い思いの位置にシルクスクリーン印刷を初めて体験する人達で、私の手解きでそれなりに皆印刷が出来た。
 5時には20名ほどの方々が来てパッド印刷体験をする予定になっていた。娘は私に最初にパッド印刷についての話をして欲しいと言うので、名刺交換した後我が社の「なんでもくん」を開発した由縁をざっと話し、其の後は娘に任せて私は会社を後にした。
 店頭を改装して以来少しづつ来られる人も増えてきていたが、金曜日は20人以上の方々に集まって頂いたのは初めての事だろう。以前台東区の方々がものづくり探検隊と言って20名くらいの方々が見えたことがあったが、手狭な所だったので今回のようにゆっくり体験して頂くことは出来なかった。
 今日は会社に出て娘にどんな顛末になったのかの報告を受けるのが楽しみになっている。土曜日にも来社したいと言う方も2社ほどあったが、個人的な所用があったので今週にして頂いた。
 今日で7月も終わり、明日の一日には大阪の孫や近所に住む孫たちが会社に集まり昼食を共にする。大阪の孫は小学5年生と6年生の男の子で堺市を代表するようなクラブチームに所属し、サッカー三昧のような日々を過ごしているらしい。今年の春大阪に出向いた時に昨年とはまるで違うような成長を遂げていた。子供の成長は早い、明日は忙しい最中だが少しの時のを割いて孫たちに会うのが楽しみになっている。先週亭主が暑中休暇で亭主の実家に来ているらしいが、合間を縫って会いに来てくれる。孫達にもパッド印刷体験をさせてあげたいとも思っている。