昨夜は「あだちものづくりゼミナール」の定例会で数人の方が病気についての話をしていた。具合の悪い人が多く新製品についての活動報告が少なかった。私より若い人が調子が悪いと言うのに驚かされる、健康管理をしてないのではないかと思う。
 私はこの何十年か具合が悪くなることは無い、具合が悪いと言って仕事を休んだことは1日としてない。昨日も手刷りでB4のシルクスクリーン印刷を1,500枚刷ったが、差ほど疲れは感じなかった。
 「食は医なり、医は食なり」とヒポクラテスの格言にあるが、食べないことも勧めている。月に1日食べない日を作れば病気になることはないとも言っている。これは何年も続けている、これが無病の元になっていると思っている。今朝は健康に関する書を紐解いた。