10日余りの北千住マルイ店での「あだちモノづくりマルシェ」が終わった。5階の催事場は子供向けのキッズ商品が多いせいか子供を連れた親子が遊ぶ売り場は人が途切れること無く賑わっていたが、催事場に足を運ぶ人が少なく、催事場が賑わう事は無かった。
あの手この手で人が関心を持つ様に展示方法を変えたりしたが、人の流れを変えることは出来なかった。我が社の「元気源」はそこそこリピート客が訪れてくれたり、多少の売り上げは有った。最終日には店次長さんが「元気源」に甚く関心を持って頂いて、自分で1時間ほど履いて見てその効果を実感したらしく、いろんな売り場担当の人を呼び、バランステストをして各自に販売を考える様に提案してくれた。結局のところ地階の食遊館サポートマネージャーの方と靴売り場の方がイベントを考えて展示販売を考えて見ようと言うことになった。
いずれ声がかかる事になるだろうと思う、我が社以外でもう1社アカシヤさんが5階か9階に売り場を考えようと提案が有ったらしい。
最近の北千住駅は乗降客の数が上野駅を上回るようになっているらしい、北千住マルイの年間の売り上げは350億円も有り銀座店を100億円も上回るようになっているらしい。 店次長さんも何とか足立区に恩返しをと考えていると言っていた。足立の商品がマルイ全店で扱う様になれば大変な売り上げにつながるだろうが、我が社の「元気源」は履いて見て貰わないとその良さが分からない、売り場でバランステストをしながらの販売は難しいのではないかと言ったら、店頭で何らかの計器で示せればと言うので、背筋力計で先日もテレビ朝日が収録に来た時、林家きく姫さんが履いた時とそうでない時に大きな差が出たと言ったら、それは面白いと言っていた。
今週の木曜日の午後2時のテレビ朝日の東京サイトで安心堂が紹介されるがきく姫さんがどの様に演じるか楽しみになっている。
僅か5分程だが「なんでもくん」や「ハンコやさんゴッコ」「元気源」が紹介される。今週の東京サイトは月曜日から順に足立区の「千住の魚河岸」「千住の飲み屋横丁」「足立生物園」「足立ブランド」の我が社、「旧日光街道千住宿」と放映される。特に我が社の反響があるか無いかに関心が一番ある。