今朝がた2020年のオリンピックが東京開催に決定した。一回目の投票から3回目の投票まで見ていてセレモニーでの発表までドキドキもあったがイライラも覚えた。招致委員会の運営の難しさもあるのだろう、仕方なくジッと我慢して見ていた。安全安心して開催できるのは東京しかないとは思っていたが、ハッキリしない原発問題を抱えているので内心ではハラハラしていた部分もあった。決まった瞬間は何とも表現しようもない感慨もあった。オリンピックどころではない、もっと先にやることがあるだろうと言う思いもよぎった。だが過去には「オリンピック景気」が岩戸景気の後にあった。この際「オリンピック景気」でも何でも良い日本全体が景気が良くなることに繋がってほしい。
 私が就職したのが丁度「東京オリンピック」の年でいきなり大阪に持って行かれた。だからオリンピックゲームを直に見ることはなかったが、会社の独身寮で寮生皆でカラーテレビを買ってオリンピックを見ようと言うことになった。思い出すのがカラーテレビで当時東洋の魔女と言われた女子バレーが金メダルを取った場面です。
 その頃はカラーテレビは未だ一般には普及してない頃で贅沢品だった。そこで大阪支店の庶務課長に一般社員が未だカラーなど見てないのに寮生がカラーテレビなどで見るのは生意気だとも言われたが、寮生のほとんどが揃って女子バレーを見た。皆で声援を送って楽しかった。