発明で人のために,東久邇宮記念賞,足立区から3人が受賞 がタイトル

 昨日当社のパートさんの一人が足立朝日に私の記事が出ているといって新聞をもて来てくれた。なんと写真入で3人を紹介していた。私は朝日新聞を取っていないので彼女が持ってきてくれなかったら気が付かなかったろう、ありがたい話しです。記事の内容も十分満足できるものでさすがに新聞記者の表現力には頭が下がる。授賞式にで初めてお会いした衙Р豬設社長、東京ジョイント・クリニック院長高橋ひろ子さんも中々の人物で並び表されたのはこれまた光栄でした。芳賀さんは「未来クラブ」に既に参加してくれている。推薦者の小出孝さんが早速記事を持って祝しに来てくれました。氏との縁は私の「なんでもくん」が足立区役所のアトリウムのショウウィンドウで紹介されていたのを目撃し当社に取材に来たのが切っ掛けで知り合うことになった。氏は12月で喜寿と言う高齢者ですが足立区の地域活性に余生をかけているようで足立区の観光化にも意欲を持っている人です。歳に似合わず行動力があり「焚経香」の普及にも支援をしてくれている、感謝せずには居られない。

足立朝日新聞記事