昨日はタフを誇る私でもさすがに疲れてダウンしてしまい仕事が出来なかった。9時20分丁度に千住マルイに入り前日まで展示された物を引上げた。振興課の係長はじめ工業係のスタッフは疲れも見せず対応していた、若さを感じさせる。未来クラブのメンバーも手際よく搬出していた、定例会での総括が楽しみです。この「足立ものづくりフェスタ」での最大の収穫は「ものづくり体験コーナー」だった、小さな子からお年寄りまでパッド印刷が出来ることを知ったことである。
 搬出物を会社に持ち帰り下ろした後、八王子の東海大病院まで初めての男の子の孫に対面すべく直行した。12時に着いたが残念なことに初対面ができなかった、3時からしか赤ん坊のいる部屋は見せてくれない事になっていた。外部からのばい菌の侵入を警戒し親ですら授乳のためにしか入れないとのことで、随分ある意味では変な事になっていて今日退院するらしいが急に無菌状態からばい菌の海に出て大丈夫なのかしら。
 娘が初産で喜んでいたのと元気なのを確認できたので退出し次は国立がんセンターへ向かった、娘と対談していた時から眠気をもようし、帰りの高速での渋滞時は眠気との戦いが辛かった。2時にがんセンターに入り先週手術した義兄にエレベーターを出た瞬間鉢合わせをした。術後の運動と称して時間を置いて律儀に歩き回っているそうだ、意外にへこたれていないので安心した。77歳で7時間の手術に耐え、人工肛門、人口膀胱からの2本の管と点滴スタンドを引き連れて歩いている様は痛ましくもあるが、すたすた歩く姿には生命力を感じ感嘆した。がんセンターには個室の対面室があり家内と義姉が色々話しているのを聞きながら睡魔に襲われ1時間以上寝込んでしまった。4時を過ぎてはもう会社に行く気になれなくて、義姉が越谷に帰るので送りながら食事をしようという事になり、今朝来たマルイまで来て9階の豆腐料理の店で義姉をねぎらった。
 普段健康を気遣いタバコを吸わず酒もほどほど運動も欠かさず律儀な生活を送っていた義兄がガンと言う病魔とここ数年闘っている。私のように毎日タバコを60本以上吸い、酔うほど酒を飲んで、睡眠時間も短く何一つ健康に良いと思うことをやっていない者が元気でいる。健康的な生活って何なのか分からないでいる、今までこれで来ていたので体に良いからと言って無理やりなんかをすることの方が怖い、へんなサプリメントや健康器具などは避けた方がよさそうだ。