足立区では、地球環境にやさしい資源循環型社会の実現を目指し、ごみ減量・リサイクルの推進に取り組んでおり、その一環として、区民一人ひとりに3つのR「リデュース(ごみを減らす)、リユース(くり返し使う)、リサイクル(資源として活かす)」を意識してもらい、徐々に環境にやさしいライフスタイルに変えてもらおうと昨年からこのフェアを開催している。2日目の今日は私が当番で区役所アトリウムで地球温暖化問題を区民に問いかける。
 昨日は第1回中学生ものづくりフェアで異業種交流会未来クラブ、オンリーワンの数社が製品を出展した。ロボコン、木工作、蕎麦打ち、ゆかた着付け等が行われ、ものづくりに関心のある子供達が各中学から参加しその腕を競った。蕎麦打ちは自分でも時々やるので興味深く見学させてもらった。閉会の折に異業種連絡協議会の代表として挨拶をさせられた、ものづくりは歳を取っても楽しいものだと話しをさせてもらった、子供達の反応は如何だったか分からなかった、拍手なら分かるが司会の先生の”礼”と言う掛け声にはまいった。そういえば私らの小中学生のときもよく”礼”をさせられたのを思い出した。
 オンリーワングループの最近入会した若い人2人とITについての話をしたが、「未来クラブ」ではFAXは一切取り止めML、スカイプ、メッセンジャー等使ってコミニケーションを図っていると言ったら驚いていた。また私を含め4人くらいがブログを書いているといったらますますビックリしていた。他のグループはいまだにFAXに頼っているらしい、しかしオンリーワンはこの若い二人のITスキルを活かしホームページをブログ化している。また会員の製品をネット販売出来るようにしているらしい、この点では未来クラブより進んでいる、これは我々も参考にしたいと思う。会員間のITに於ける落差がかなりあるのも事実だがインターネットを度外視しての企業経営はありえないと思っている、皆もっとIT武装を充実する事を願っている。
 閉会後未来クラブの一番若いメンバーマコト工芸の堀井君としばし彼の事業に関しての話しをした。最近ホームページを立ち上げやる気満々で話しがし易い。「未来クラブ」に入会して以来かなり意識改革が進んでいるように見える、来年度のデザイン創造塾に参加することを薦めてみた。