形のあるものに印刷する場合には受け冶具を造らねばなりません、印刷位置確定し、取りだし易く、製品を傷つけることの無いように造る、コレが印刷者のセンス如何で決まります。
昨日は円筒形のアクリルに綺麗に塗装されているものにブランド名を印刷する受け冶具を近くの連携する木工所に取りに行き、パートさんが月曜日に作業できるようにセットしました。
また、数珠ブレスレットの透明な親玉に神社名を印刷するための冶具も作りました、これはプラスチック粘土を使って作ります。

私が日曜大工で作った木製の手刷り印刷機をベースにしたものを木工所で作り、マグカップや紙コップ、円筒形をしたものに簡単に印刷できるキットを売り出します。冶具を変えればクリアファイルや封筒、手紙等平板に印刷も出来ます。スクリーン印刷の「なんでもくん」版?になりそうです。
東京都足立区江北3-21-6