なんでも印刷日記

パッド印刷って何だろう?曲面印刷って何?身の回りにある物にはほとんど印刷がほどころされている、どうやって印刷するのだろう? そんな疑問に答える日記です。 最近このブログを読んで印刷の体験の無い方でも名入れ印刷のプロ並の印刷を体験する方が増えてきております。 形のある物何にでも印刷できる楽しさを仕事に生かしています。 長年の印刷経験から生み出した手動式パッド印刷機、文字入り線香などの技術が認められ19年度「足立ブランド」として区から認定されました。全国各地から手動式パッド印刷機「なんでもくん」の研修者が年々増え続けています。  

人を喜ばす喜び

 昨日は先月やった仕事の依頼者が見えた、その仕事の結果を報告に来たのだった。薄手のボール紙にシルクスクリーン印刷をしたのだが、原稿を受け取った時に精細なイラストを見た時にこれは普通のシルクスクリーン印刷では再現は無理だと思いUV印刷でなければ出来ないと判断した。
 精細な印刷をするためにはスクリーン版はハイメッシュのスクリーンを使わなければならない、一応先方に版が高額なものになると了解して頂いて試作をした。通常は270メッシュの版を使っていれば溶剤タイプのインキでもそれなりに精細な印刷が出来るが、今回のは極精細と言ってもよく420メッシュの版を使っての製版を製版所に依頼した。通常の版は社内で製版しているが、これだけの版だと我社の製版機では到底おぼつかない。
 出来上がってきた版は流石に素晴らしく、ルーペで確認したら全ての画像が精細に抜けていた。通常のインキだと目詰まりしてインキが透過するのは無理だが、UVインキは目詰まりすることなくスクリーンを透過する。試刷りしたものを見てだろうと思うが本番のデータ作り替えてきて持ち込まれた。
 本番の印刷2,000枚も問題なく印刷が出来たが、そのボール紙をビク抜きして世界時計を入れる箱が出来た。その箱の出来上がりに依頼者は感動してくれた。ボール紙にインキが吸い込まれることなく綺麗に印刷が乗っている、お陰で迫力のある箱が出来あがったとスマホで撮った写真を見せられた。やった仕事を依頼者に喜ばれる、喜ばれることが私の喜びになる。ものづくりをしていて良かったと思う瞬間でもあり、仕事冥利に尽きない。
 中に入れる世界時計の印刷は別の所からの依頼で、世界時計はパッド印刷で印刷位置には神経を尖らせ、12面体に世界の国名を印刷するので工程数が多く出来上がった時にはホッとした。時計の文字盤も精度を当然のごとく要求されていたが、上手く出来た。
 この仕事は葛飾区の下町見本市で繋がった3社の仕事になった。プラスチックの成型屋、製箱屋、印刷屋の3社で仕上がった。それぞれの持ち味を発揮して一つの仕事が纏まった。
 製品は評判が高いので増産になるかも知れないと言っていた、時計の印刷を担当した娘は達成感を味わったと思うが、先方の方に笑いながらだが神経を使うので嬉しくないと冗談を言っていた。
 私としてはルーペで印刷を確認しながらやっている姿を見て成長しているなと感じて嬉しいことだと思っている。
 先週の土曜日にあだち産業センターで「足立ブランドyouth」が主体になって夏休みの子供相手のワークショップを開催していたが、それが日刊工業新聞の記事になっていた。子供らのものづくり体験を足立の製造業が主体になってやっていることが記事のネタになったのだろう。娘など後ろ姿だが写真も載っており、ザオー工業や安心堂を話題にもしてくれていた。
 昨日は未来クラブの暑気払いがあったが、「異業種フォーラム2017inあだち」が大盛況だったことを労った。フォーラムに参加した葛飾の人がオブザーバーとして参加してくれていた。またメンバーの一人が「足立ブランド」が雑誌モノマガジンの記事になっているのを雑誌を見せながら紹介してくれた。足立のものづくりがメディアに取り上げられるのは嬉しいもんだ。昨日は猛暑だった、まさに暑気払い、当然暑気払い会は盛り上がった。
 
 

名入れ印刷で大繁盛

 昨日は区内でも有名な信金の本部の方が2名お出でになった。土曜日の「異業種フォーラム2017inあだち」を見学して大盛況だったことを賞賛して頂いた。そのお二方が取引先の企業から依頼され、パッド印刷に対応出来る企業を探していて我が社を見つけたらしい。その金庫の取引先ではパッド印刷で対応出来るところは無いとのことだった。
 持って見えたのが木製のハンガーで、何種類か印刷したものを見せていただいたが、「なんでもくん」であればいとも簡単に同じような印刷は出来ると説明した。
 我が社の「なんでもくん」ユーザーでハンガーに印刷することで大繁盛している所もあると話したが、よくよく話を聞いてみればなんとそのハンガーメーカーからの依頼だと言うのが分かった。おそらく社内での印刷だけでは間に合わないので下請けして呉れるような印刷屋を探しているのだろう。
 我が社の「なんでもくん」ユーザーで手の空いているような所を探して上げても良いとも話をしたが、あまり期待はできない、「なんでもくん」ユーザーは忙しい所が多く、難しい話かも知れない。とにかくその会社の方にそんな事情も告げておいて頂きたいと話して引き上げて頂いた。私としてはこんな嬉しい話はない、取引先が大繁忙だと言う事を再確認できた。
 昨日「なんでもくん」研修に見えた方は数週間前に購入して頂いていたのに引き取りに来ると言いながら中々見えなかった。忙しくて来る間がなかったらしく「異業種フォーラム2017inあだち」にもエントリーしていたが出展する間がなくてドタキャンしてしまったらしい。
 奥さんがやっと時間が取れたので引取りに来たのだったが、前回受けた研修をすっかり忘れてしまったので再度整版から印刷までレクチャーした。旦那が開発した自転車の駐輪機の注文が足立区の公園課から出そうだとも言っていた、農業公園に設置する話が持ち上がっているらしい。奥さんは彼の開発した「薪割りチョッパー」のマークの製版、印刷を研修していったが、このアイデア商品など「TASKものづくり大賞」に応募したら入選間違いないと思われるが、応募する間がないだろう。奥さんはアウトドアが大好きで、アウトドアグッズに印刷して行った。
 
 

「異業種フォーラム2017inあだち」は大成功だった。

 土曜日の北千住マルイ11階での「異業種フォーラム2017inあだち」は大盛況だった。昨年は45社程の参加企業しか無かったが、自社の使う道具を持参でのグループディスカッションで自社PRするのが大好評で、今年は趣向も大幅に変えてミニセミナーの時間も作って「名刺交換しませんか?」と150名限定で募集をしましたが、満席と言う状態になった。
 限られた面積を産業振興課の皆さんの努力で素晴らしいロケーションが演出され、区長は挨拶で柱が多すぎると言っていたが、参加者全員が満足できるものになっていたと思う。勿論人によっては5分間のPR時間が短すぎると言う人もいたが、経験を積めば短い時間でもプレゼン出来るようになるだろう。ミニセミナーも有って長時間のイベントだったが、最終まで多くの人が残り、打ち上げは各会がそれぞれあったようだが、未来クラブは日本海に15席予約していた。ところが他地区からの参加企業なども有って22人以上になってしまった。懇親会は大いに盛り上がって、未来クラブの定例会に出席してみたいと言う人も何人も居たようだった。
 終わった後、産業振興課の課長さんがやれば出来るんじゃないかと盛況を喜んでくれた。それに同時に産業センターで行われていた子供たちの夏休みのものづくり体験のワークショップも大盛況だと喜んでくれていた。娘によろしくと伝えてくれと言われ我事のように嬉しかった。家に帰ってから娘に伝えたら、招待された施設の子供らが皆はんこ作りを楽しんでくれ、日頃世話になっている先生たちのはんこを幾つも作ってプレゼントするんだと言う子らが多く、心優しい子に育っていると娘も感動したらしい。
 私には最終の挨拶の場を与えられ、その場で今回のフォーラムは大成功だったと言わせてもらった。次回も今会以上のものになるよう力しましょうと宣言させてもらった。 

8月は連日絶好調の「なんでもくん」研修

 7月の月末に京都からお出でになった方から一日に注文が入ったり、2日にお出での方は2度目の研修だったが「なんでもくん」導入を決定して頂いた。昨日の午前静岡からお出での方、午後に横浜から見えた方も「なんでもくん」導入をほぼ決定して頂いた。
 皆さん共通しているのは少量の印刷ニーズが増えており、その少量の印刷に対応出来る「なんでもくん」システムのスピード感に共鳴して頂いている。
 新製品の売れ行きが好調に推移している方々が居たり、世の中にはいろんな業種が有るのを知らされて、中国で生産されている製品の印刷が不備な事に難儀している企業も多い。
 日本のトップ印刷企業でもある大手企業から、ペットボトルのキャップに印刷試作を依頼されている。印刷したインキが水中に120分漬けおいてもインキが剥がれない印刷をテストしたいとテストピースを20個送ってきた。昨日は「なんでもくん」研修をするのにそのキャップに印刷するところを見てもらったりした。
 足立区では65歳以上の高齢者向けに見守りキーホルダーを無料配布しているが、その時にそのキーホルダー配布と同時に徘徊してしまう恐れのある方をお持ちのご家庭の方には下着に見守りナンバーや見守りセンターの電話番号を印刷する「あんしんプリント」の40ミリ角の版を無料配布している。今日はその版の追加注文されたものを福祉課に納入する。
 ついでにその版を製版する「なんでもくん」用の40ミリ角の版を一度に20版に露光できるライトボックスの機能も研修者には説明した。
 このところ目を酷使していたせいか昨日の朝は爆睡して目が覚めたら6時近くなっていたのでブログを書く暇が無くなっていた。
 明日は「あだち異業種フォーラム2017」があるのでグループディスカッションの資料整備もしなければならない。娘は「あだち産業センター」での「足立ブランドyouth」の会で子供向けに夏休みのワークショップが実施されるので、私はマルイ、娘は「産業センター」と別れ別れに地域活動をする。
 
 
 
 

アイコスに名入れ印刷

 昨日は大阪に住む娘一家が立ち寄って近所の外食堂で昼食会、近所に住む来られる孫たちも集まって総勢10人で1時間の食事会になった。
 昨日はあらかじめ来客予定を作ってなかったので食事のあと我が社に集まってしばしの間懇談会になった。
 大阪の娘婿は喫煙者でアイコスに印刷したサンプルを見て自分のアイコスにも印刷して欲しいと言うので自分で印刷データを作らせて印刷してあげた。
 アイコスは飲み屋などに忘れたら絶対に戻ってこないらしい、だから自分の名前と電話番号を印刷してあれば使う人は居ないだろう、戻ってくる可能性もあるに違いない、ぜひ印刷して欲しい言うので充電器の表面とパイプに凹んだ部分があるのでそこに名前と電話番号を印刷してあげた。
ついでに自動車キーにも印刷して欲しいと言うので印刷してあげた。「なんでもくん」と言うのが如何に重宝な印刷機なのかと言うのを実感したようだった。
 大阪の娘の長男は堺市のクラブチームに所属しているが、堺市の選抜チームの1員にもなっているらしい。リフティングも1,200回も出来るので監督にサッカーボールをご褒美に頂いたらしい。春に見た時よりも更に成長している、大阪ガンバのジュニアチームには負けたと言っていたが、もっと強いチームになりたいと言っていたが毎日がサッカー三昧の生活になっているらしい。

 それにしても孫たちの成長は早い、時の経つのが早い娘たちもそろそろ中年の域に達しようとしている。私も高齢者の域に達しているが、まだまだ成長したいと思っている。男の孫たちと一杯飲める位までは生きたいとは思っている。
 

少量のパッケージに印刷

 「あだち新製品開発講座」に参加しているパッケージ屋さん親子が100個ほどのパッケージに印刷をしに来た。先日パッド印刷とはどんなものかと学習に来たのだが、早速に既製のパッケージへの印刷依頼が有ったらしい。高級腕時計の修理屋さんからの依頼らしいが、「なんでもくん」のパッド印刷用の版と「じざいくん」のシルクスクリーン印刷用の版の両方の版を作るところを見せた。
 送って来てあったデータをパッド用は裏ポジ、シルク用は表ポジに出力し、ライトボックスで両方の半を焼き付け、製版するところを見てもらった。焼付け時間は両方とも5分以内で水現像出来る。
 ただデータの1行目が明朝体で横棒が細いのでシルクスクリーン印刷だと目詰まりし易い、パッド印刷だとどんなに細くても目詰まりと言うのはない、綺麗に印刷が出来る。
 午前は製版方法と「じざいくん」「なんでもくん」の版のセットの仕方を学習してもらい。午後に息子さんだけに来てもらい印刷をすることにした。社長であるお父さんは「なんでもくん」が非常に気に入ったらしく、導入を決意したらしい。
 印刷は私も手伝って100枚の印刷は1時間も掛かったか掛からないで終わってしまった。そんなところにアポ無しで飛び込んできた人がいた。元々は印刷屋さんだったらしいが今では手広く、オフセット印刷、オンデマンドプリント、インキジェットプリンターを何台も持ち、ノベルティUVプリントも手がけている。芸能人向けのアクリルのストラップ等は得意にしているらしいが、最近はボールペンやマグカップへの印刷ニーズがあるが少量らしい。その少量の印刷に手を焼いているらしい、それらを簡単に出来ないかとの相談できたらしい。
 突如お見えになったので、次に対応しなければならない急ぎのものが有ったので、ゆっくり対応する間がなく申し訳なかった。再度時間を作ってお出で頂く事にした。
 急ぎのものとは、先日子供用のバットになるべく大きく円形のロゴマークと長いロゴ印刷をして欲しいと言われ、円形のものは版下を変形して制作し、印刷すると真円になる様に版は作っておいた。引取りに来た人に長いロゴも少し幅を詰めれば印刷可能になると言って、デザイナーに連絡して少し幅を狭くすることを了承してもらい、版を作り直して、受け治具がしっかり出来てなかったので、家内や娘に手を借りてやっと様になった。たった1本のバットへの試作印刷だが随分と時間が掛かった。量産すると言っても6本ほどのものでしかない、引取りに来た人も大変だデザイナーに引きづり回されている感じだ、フランスでは有名な音楽グループが日本で公演するイベントで使うものらしいが、これから2箇所も行かなければならないと娘に江北駅まで送ってもらい速作と帰っていった。
 


























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































金曜日には大勢の方々が来社してくれた。

 娘が隣接する地域の諸々のコミュニテイグループの方々と最近交流を続けていたが、金曜日には江戸川区や葛飾区の若い2代目の印刷屋さんやデザイナーの方々を招いてシルクスクリーン印刷やパッド印刷の体験をするイベントを開催した。
 午後2時に集まった5名の方々はデザイナーの方々でTシャツに思い思いの位置にシルクスクリーン印刷を初めて体験する人達で、私の手解きでそれなりに皆印刷が出来た。
 5時には20名ほどの方々が来てパッド印刷体験をする予定になっていた。娘は私に最初にパッド印刷についての話をして欲しいと言うので、名刺交換した後我が社の「なんでもくん」を開発した由縁をざっと話し、其の後は娘に任せて私は会社を後にした。
 店頭を改装して以来少しづつ来られる人も増えてきていたが、金曜日は20人以上の方々に集まって頂いたのは初めての事だろう。以前台東区の方々がものづくり探検隊と言って20名くらいの方々が見えたことがあったが、手狭な所だったので今回のようにゆっくり体験して頂くことは出来なかった。
 今日は会社に出て娘にどんな顛末になったのかの報告を受けるのが楽しみになっている。土曜日にも来社したいと言う方も2社ほどあったが、個人的な所用があったので今週にして頂いた。
 今日で7月も終わり、明日の一日には大阪の孫や近所に住む孫たちが会社に集まり昼食を共にする。大阪の孫は小学5年生と6年生の男の子で堺市を代表するようなクラブチームに所属し、サッカー三昧のような日々を過ごしているらしい。今年の春大阪に出向いた時に昨年とはまるで違うような成長を遂げていた。子供の成長は早い、明日は忙しい最中だが少しの時のを割いて孫たちに会うのが楽しみになっている。先週亭主が暑中休暇で亭主の実家に来ているらしいが、合間を縫って会いに来てくれる。孫達にもパッド印刷体験をさせてあげたいとも思っている。 

素晴らしい製品群を持ってる方が見えた。

 昨日見えた方はメガネ拭きに特化した製品を製造販売をする方でした。メガネ拭きは私も眼鏡を使用しているので何枚も持ち合わせていますが、大方無地です。ところがこの方のお持ちになったメガネ拭きはカラフルに昇華印刷されたものや滑り止めの為に透明のシリコンの点々が印刷されているものもあった。シリコンの点で手が滑らないのでツルツルした布がレンズの両面をしっかりと拭く事が出来る。
 このシリコン付きのメガネ拭きは年配者に喜ばれていると言っていた。私も年配者でもあるので確かにこれは良いものだと思った、とにかく拭きやすい。
 それにメガネに塗布して拭くと汚れにくくなる液も販売していて、その小さな容器に商品名や使い方を全面にシールで貼ってあった。そのシールを貼るのが難しく手間も掛かるものなっているので、それをパッド印刷で直刷り出来るかの相談に来たのだった。
 早速自分で会社名や商品名、住所、電話番号などを大きな文字から小さな文字の原稿を作ってもらい版を作った。そしてその小さな容器のシールを剥がしてそれに印刷してみせた。それに新製品だと言う女性が喜びそうな衣服のホコリ取りのパッケージにも印刷して見せた。
 その液体の容器を入れる透明のパッケージは私ら「足立ブランド」の仲間の「東京パック」で作ったものだと言うので嬉しく感じてしまった。
 いずれにしてもどの商品にもパッド印刷は有効だということは実感してもらった。そこに来合わせていた娘の女性客も何点かの商品を試しながら賞賛していた。
 昼になってしまったので昨日は弁当を持っていなかったので二人で近くの蕎麦屋に行って納豆蕎麦を食べながらしばし談笑した。その人の会社は人柄の良い社員を持っている会社だなと思った。
 

今朝は読書に時間を費やした。

 昨夜は「あだちものづくりゼミナール」の定例会で数人の方が病気についての話をしていた。具合の悪い人が多く新製品についての活動報告が少なかった。私より若い人が調子が悪いと言うのに驚かされる、健康管理をしてないのではないかと思う。
 私はこの何十年か具合が悪くなることは無い、具合が悪いと言って仕事を休んだことは1日としてない。昨日も手刷りでB4のシルクスクリーン印刷を1,500枚刷ったが、差ほど疲れは感じなかった。
 「食は医なり、医は食なり」とヒポクラテスの格言にあるが、食べないことも勧めている。月に1日食べない日を作れば病気になることはないとも言っている。これは何年も続けている、これが無病の元になっていると思っている。今朝は健康に関する書を紐解いた。
 

勇気、努力、信念

 「何かを起こすには勇気、努力、信念を必要とする。」は経営学の父ドラッカー氏の言葉ですが、私も同感している。脅威とも思えるような新しい時代の変化にこそ隠れたチャンスがある、とも言っている。
 昨日お見えになった方お二人は印鑑の朱肉を製造している企業の方だったが、今の時代ハンコを必要とするものがサインで済むようなものに変化している、朱肉の需要は減るばかりのように思える。
 昨日は我が社に足立区の辺鄙な所まで足を運んで来るにも勇気、努力が必要だったろうと思える。今まで外注していた朱肉ケースへの印刷を内製化したいと言う希望をお持ちのようだったが、これも新しい一歩だが、「なんでもくん」を活用すると新しい事業展開に結びつく可能性が大だとも話させてもらった。印刷の持つ高付加価値性に気づけば良いと思っている。
 事業と言うのは顧客の創造だとドラッカー氏は言っているが、電通の鬼の10訓で吉田社長は「仕事とは人から与えられべきものではなく自ら創り出すものだ。」と言っている。顧客の創造は大きな仕事と思っても良い、新しいマーケットの創造になる。
 昨日は地方の行政機関から「なんでもくん」システムの注文が入った。2,3年前にその自治体の方が見えて行政が扱うもの全てに印刷が出来ることは確認している。今回は我が社に出張して「なんでもくん」研修をして欲しいと言う事になった。旅費は先方持ちで娘など大喜びしている。自治体自身が情報発信を積極的に行っていて、観光客を誘致したり、物産を全国に発送するなどで赤字財政を黒字化することにも成功している。縁が出来たのも我が社の近くの人がそこに旅行に行った時、我社が話題に上ったのがきっかけらしい。その近所の方と娘がひょんなことから懇意になっている。人と人の繋がりとは妙なものだと言える。
 

昨日も楽しい時間を共有出来た幸せに感謝

 昨日は京都からお見えになった3方が有ったが、御夫婦と相談役のような方の3人だった。3人の信頼関係はどのように形成されたのか知りたいくらい仲睦ましい人々だった。楽しそうに笑顔で挨拶されるとこちらも笑顔になってしまう。
 何に何を印刷したいかの目的も共通していて、あらかじめ送って来てあったデータの内4点を選んで頂いて、1版に2種のデータを乗せて私が製版することからレクチャーは始まった。その次に私がやった通りに御夫婦でない先生と呼ばれる方にやってもらった。その間網フィルムを何故必要なのかとか説明しながら、製版とは何なのかも理解してもらった。
 インキに硬化剤を混ぜる方法も知ってもらい、持って見えてた40ミリパイの薄いアルミ素材とアクリル素材に印刷する方法を説明した。アルミ板には小さな足があるのでダンボールを切って足が埋まるようにしてセットした。
 まず紙に試し刷りをして綺麗に印刷が出来るのを確認し、アルミ板は薄くて軽いのでパッドのインキ粘度でくっついて来てしまうので、ダンボール板にスプレー糊を軽く塗布してくっついて来ないようにし、その上に透明のフィルムを乗せて試し刷りをしながら位置を確定することを見せた。
 アルミにもアクリルにも綺麗に印刷できるので大感動、声をあげて喜んでくれていた。自分たちの目的とする印刷が出来る事が余程嬉しかったのだろう。透明のアクリルは3層に重ねるらしい、京都の象徴とも言える五重塔をあしらった風景画などが精細に印刷できている。組み上げた製品がどのようなものになるのか見てみたい。
 その先生にも印刷して頂いたが、綺麗に印刷が出来ることに3人とも喜んでいた。昼時になってしまったので近くの蕎麦屋に行って盛蕎麦を食べ、3時の新幹線に乗ると言うので江北駅まで送って差し上げたが、もう少し時間の余裕があればもっと楽しい時間を楽しみたくらい愉快な人達だった。
 これからも長い付き合いになるだろうから、関西に行った時には立ち寄りたいと思ったりもする。

パッド印刷の効用

 土曜日の午後2時にお出での方は兵庫県から車で見えたが、時間も丁度2時きっかりに到着しました。車には4歳のお嬢さんが乗っていて降りて来ず、タブレットを楽しんでいるとのことだった。暑いので車のエンジンを切らずにエアコンを動かしっぱなしなので熱中症は心配なさそうだった。
 お父さんは入ってくるなり、早速あらかじめ送って来ていたデータ2種を出力しておいたので製版を始めた。私が1種類の版を製版手順を説明しながら製版し、私がやった通りに彼にやって貰ったが何の問題もなく製版は出来てしまった。土曜日は日差しが強く、後露光は太陽光を利用することが出来る、本の2,3分で済んでしまうのも説明した。
 お持ちになっていた3角のアクリルのアクセサリーをセットするプラスチック粘土の受け治具を作るのも説明しながら、インキの粘度調節、硬化剤の混入をし、ドクターブレードのセット方法を説明してセットアップをしたが、整版から印刷開始まで10分も掛からないのにはスピードには驚いたろう。
 印刷位置もご自分で決めて印刷が綺麗に出来るので感動していた。すっかり「なんでもくん」に惚れ込んでくれて、セットの見積もりを見て貰ったが、安い!と絶叫していた。
 彼はアクリルのアクセサリーを長年作っていて足立区のミユキアクセサリーとも交流があるらしくご存知だった。流石ミユキアクセサリーは有名なのだと嬉しかったが、ミユキさんとは30年以上前にバレッタに当時流行していたオズの魔法使いを印刷することから付き合いが始まり。今では切っても切れない仲間になっていることも話させてもらった。
 彼は直ぐにでも購入したい意向で、再度奥さんにも同行して貰って機械を引き取りながら、ポジ製作のレクチャーをして欲しいと言う事になった。4歳のお嬢さんがトイレ要求もあり下りて来られたが、可愛いお嬢さんで、当社を訪れてくれた人の最年少の記録かも知れない。冷蔵庫に何故かガリガリ君が1本あったので食べてもらったが大喜びしてくれた。親子でご機嫌で帰って頂いたが、また新しい仲間が増えて楽しい時間を共有出来た。
 午前中は「あだち新製品開発講座」に参加してくれているアートボードの小林さんが、パッド印刷に関心を持ってくれたのでお出で頂いた。私は午前自宅に所用があったので少し中座して再度遅れて出社することになったが娘が対応してくれていたので問題はなかった。
 彼は今開発中のアイデア製品を持参し、それに印刷してみたり、持って見えた黒いくるみ箱に金で印刷してみて、印刷が有るのと無いのでは全く商品イメージが違うのには驚いていた。
 既製品になっている箱に印刷するのは、平版の紙に印刷しておいて抜き加工し箱に成型するのが普通だが、商品になっている箱に必要な分だけ印刷が出来るのは有効な手段でこれまでとは違った箱の販売方法が出来るのを知った。
 最近彼は「未来クラブ」にも入会している、「足立ブランド」認定と言う制度があり、審査はあるが彼の会社なら認定される可能性はある、今募集中だろうから認定申請をしてみてはどうかと話した。開発商品も「TASKものづくり大賞」に入選すると東京ビッグサイトでのギフトショーに出展できる。もし入選しなくても「足立ブランド」に認定されていればギフトショーや産業交流展、機械要素展などにも無償で出展できるチャンスがある。全国に情報発信する良い機会が得られる。
 社に戻ったら社長とじっくり検討するのが良いと話したら大喜びしていた。足立区役所の産業振興課へ相談に行くことも奨励した。
 昨日は自宅近くの兵和通りの朝市があり、野菜や海産物、漬物などを購入して来た。戻って来てからは前の晩に仕込んでおいた醤油出汁を作った。鰹節、煮干、どんこ、昆布を醤油、酒、味醂に漬け込んでそれを煮出す。一番出汁、二番出汁と取り、出汁がらは刻んで佃煮にする。こんな事を何年も前からやっている。人工調味料とは違って自分の作った天然の調味料だと何となく安心できる。

今日は「あだち新製品開発講座」

 昨夜は「あだち異業種連絡協議会」の定例会、今夜は「あだち新製品開発講座」がある。昨夜も会合後の懇親会が炎上した。今夜も講座後に懇親会があるが燃えそうだ。今朝は昨夜飲みすぎたせいか爆睡した。ブログを書く時間が無くなってしまった。
 昨日は「なんでもくん」用の新製品を思いついたので製品試作をフクムラに頼んだ。明日は休日だが「なんでもくん」の研修を受けに来る方があるので出社する。
続きを読む

連日パッド印刷の試作、見積もりに追われている。

 このところ色々な物への印刷試作を連日のように頼まれている。試作と言えども版と印刷物の受け治具を作らねばならない。持ち込まれる試作の依頼品は色々な新製品も多く、世の中はじっとしてないのが実感出来る。今、六点ほど溜まってしまっているが、中には今まで見たことのないようなものが、実は人気商品だと言う物や、これからヒットするだろうなと思えるような物が多くある。
 来られる人もそれぞれ皆違う職種の方で、世の中の隙を付いたような仕事を自分のものにし、独特のマーケットを構築している人も居る。お陰さまで毎日が退屈することがない。
 昨日もこれは世界で私しかやってない仕事だと豪語する人が来た。昔からペッツと言うお菓子があるが、そのペッツを1個づつ取り出せる容器があるが、これは私の子らが子供の頃に買ってあげたような気がする。
 その容器の頭部分が信じられないくらい多くの種類のものを創っている。それが世界のペッツファンに売れているらしい。ペッツのメーカーロゴは商標登録されているので誰でもが使えるものではないが、その方はペッツ本社から世界でただ一人使用許可が出ているらしい。
 新しいヘッド部分を開発すると信じられないような価格で売れてしまうらしい。スターウォーズシリーズなどアメリカでは大人気らしい。容器には長いもの短いものがあり、昨日は一番小さなもののボディにペッツと「なんでもくん」で印刷するのだが小さな丸アールもしっかり出ていた。
 従来はパッド印刷屋さんに外注していたのだが、量産用のパッド印刷機の所へ頼んでいたので少量だと1,000円、2,000円になってしまうことも多いらしい。版代も安い樹脂版で造っていると言っていたがそれもそこそこ高いもになってしまっている。
 ネットで当社の「なんでもくん」を見つけて、自分で印刷をすることを決意したらしい。インキも10センチ角の版も持って来ていたが「なんでもくん」では使いにくい、「なんでもくん」用の版と治具を作って差し上げたが、印刷も自分でやっていくと言って始めた、データ作りに時間が掛かってしまい、印刷し始めたのが遅くからなので、付き合っていると遅くなってしまう。
 家内は場内の仕事で締切り間に合わせようと奮闘し、5色印刷6,000個を仕上げて疲れ果てている、バスで帰ると言っていたが、後は娘に任せて私たちは先に帰ることにした。
 世の中ハイテク技術で次々インキジェットプリント機器が開発されているが、ローテクと言っても良いアナログ技術が必要な場合が多い。IS化が進み10年程の間に47%の仕事が失われるとも言われているが、知恵が生きるアナログ技術は生き残ると私は確信している。

三連休

 この度の三連休は土曜日は福島の漆器屋さんが「なんでもくん」研修にお出で頂いたので休みとは行かなかったが、日、月は思うがままの時間を過ごした。
 漆器屋さんは比較的に若いご夫婦で高速が思った以上にすいていたのだろう10時の約束だったが、9時過ぎには近くに来てしまったようだった。私もいつもよりは早めに出社していたので研修時間はたっぷり取れたので丁度良かった。
 伝統的な漆器屋さんだったが、奥さんは漆に弱いらしく印刷は奥さんが受け持つとのことだった。漆にはエポキシ系やウレタン系のインキがよく密着するので、石川県の漆器団地などでもかなり前から「なんでもくん」は使って頂いている。福井の鯖江の漆器屋さんも随分前に使って頂いている。鯖江と言えばメガネのフレームメーカーの方が「なんでもくん」で文字や絵柄の印刷に使っている。数日前には自社独特の大きさの版を希望するので、その大きさにカットして送って差し上げた。
 若いご夫婦だから、パソコンもプリンターの扱い方も簡単に説明できた。奥さんにはいちいち自分で私のやった通りにやって頂いたが問題なく出来て良かったと思う。昼過ぎには全て終わって昼食でもご一緒にと思ったが娘さんが東京に居て、昼ご飯を娘さんと約束していたらしい。ご機嫌で帰って行ってくれた。
 
 

エンディング産業展2017

 水曜日に「あだち異業種交流会未来クラブ定例会」があったが、出席メンバーに「ファミリーヒストリー記録社」を運営する企業が有った。この企業が「エンディング産業展2017」に出展するので招待状を出席者全員に配ってくれた。私としては大変に有難い情報だった。
 このようなイベントは何時頃からあったのか私は少しも知らなかった。知っていれば恐らく我が社も出展していたに違いない。
 我が社にはパッド印刷を利用して細い線香に経文や唱名を金文字で印刷した「焚経香」と言うオリジナル線香を製造販売している。ある一部の寺院や仏具店、互助会などに定期的に納入させて頂いているが、多くの人に知られているものではない。全国紙に宣伝を乗せたこともあったが大した反応がなかった経験もある。
 一般の方は観光で行った中尊寺や上野寛永寺様で授与品として購入した人が安心堂を探し、贈り物としての注文がたまにあるくらいで極一部の方に利用して頂いている。
 帰郷する時にお土産として家名入りの先祖供養香を注文してくる人が居るが極く僅かなファンの人が利用してくれるものに過ぎない。
 贈られた人は皆感動するものになっているが、「エンディング産業展2017」などで多くの人に見てもらえれば違った反応を知ることにもなるだろう。
 またTASKで賞をもらったお位牌のリニューアルとしてUV印刷を利用したお位牌も製作している。純金箔で寺の坊さんに書いて頂いたお戒名を書くもので、彫りや金粉で書く戒名とは全く違った迫力のあるものになっている。こう言うものがある事自体知っている人は少ない、こいう展示会で宣伝したらだいぶ違うことになるだろう。
 異業種交流会はこう言う有効な情報を知る機会にもなる。8月5日に「あだち異業種フォーラム2017」があるが、昨年の3倍近い人が出席する。千住マルイの11階に是非立ち寄って貰いたい。足立のいろんな技術と出会うことになる。

先端技術とアナログ技術

 昨日の朝は目が覚めたら6時を過ぎていた。普段3,4時間寝ると目が覚めるのに昨日は何故か6時間以上寝ていた。だからブログ記事を書くのを断念した。
 私は自分の体の思うままに身を任せている、体が睡眠を要求していたのだろうと思う。今朝は今の時間に目が覚めた。
 昨日は未来クラブの定例会があったが、出席者が少なかった。遅れて参加する人もメールに入っていたが、なぜか仕事が仕事が忙しいと言う人が多かった。
 未来クラブの行動計画に従っての説明を各担当がした後、各社の近々の事業報告があったが、助成金を得て最新の先端技術の加工機を設置した所の2社がその機械の説明をした。最新のタレパンを導入したところは抜いた後の折り曲げまで自動化できることになったらしい。
 刺繍機の最新機械はこれまで長い経験をした結果得た技術が無くても、全くの素人が量産出来るものになっているらしい。AIを活用した機器が次々出てくる時代にもなった。この機械を手にしたら誰でもが刺繍屋になってしまうことを半分嘆いていたが、人とは違う使用方法が必ずあると私は思う。
 そんな報告を聞いた後、私はいつも以上にアナログ技術が必要になっている時代でもあると話をさせて貰った。先端技術で造っている所でもアナログ技術が必要になっている業界が多々あるが、長い経験を持つ職人に代わってパッド印刷が必要になっている業界も多くあると説明をした。
 人の感性は一人づつ違うものを持っている、AIでも集めきれない情報もある。個人情報も全て筒抜けで何でも隠し仰せない時代になっているが、肝心の情報を出して無い人達も多く居る。
 昨日我社に見えた2社の人たちもこれから挑もうとするものは予知できないようなことを考えている。人の考えが及ばないもの、世の中に発表したらこれは売れる商品だと言うものを持っている。ハイテクとはまるで違う感性を持っている。こう言う人たちが我が社には集まってくる。
 だから我が社は面白い場となっている。
 

パッド印刷見学会?

 昨日の午前は現在進行中の世界時計を請けている会社と関連する会社の方が4名見えてパッド印刷の現場を見学するために来たのだった。
 昨日は時計の文字盤を印刷するところを見てもらったが、その後「なんでもくん」の製版と印刷を体験してもらった。ポジフィルムを作る事も学習してもらって、自社名の入ったマークを自分の持っている名刺ケースやスマホケースに印刷するのを楽しんでもらった。
 量産するドイツ製のパッド印刷機と私の開発した手動式の「なんでもくん」の違いも理解してもらった。10数分で取り掛かれる少量印刷に対応する「なんでもくん」がには如何に有効なものかも理解ししてもらった。「なんでもくん」をいずれ導入したいと言う気になったようだった。
 それに彼らが持ってきた世界時計を入れる厚紙の特殊なボール紙へのUV印刷のテスト刷りしたものを見てもらった。彼らはそのボール紙2,000枚を搬入しながらパッド印刷を見学しに来たのだった。
 UV印刷が如何に精細な印刷が出来るものかには気が付いていなかった。世界時計のイラストが印刷してあるのを見て、そのイラストは肉眼で見ると線のように見えてるが8倍のルーペで見ると国名の文字がきちんと見える。その精細さには驚いていた。
 箱用の印刷はシルクスクリーン印刷だが、スクリーンのメッシュは400メッシュで溶剤タイプのインキだと直ぐ目詰まりしてしまう。それがUVインキは無溶剤なので目詰まりしない、製版さえ精細にできていればどのような細かい文字であろうと綺麗に印刷ができてしまう。
 UVインキで10ミクロンの線をパッド印刷したものも見てもらった、これこそ100倍の顕微鏡でなければ確認できない。0.4牲个離ラス管にメモリ印刷したもので、女性の卵巣から卵子を1個づつ吸引するガラス管だと言ったら驚いていた。
 彼らは我社に来て印刷の持つ可能性を理解したようだった、そんなこんなで昼食時間を忘れて滞在していた。
 午後も「なんでもくん」を引取りに来た人に版作りから印刷まで一通り体験してもらった。社に戻っても迷うことなく仕事になるだろう。この会社も自社技術を使って一般ユーザーが使えるものを開発したのだった。それに印刷の要望があったので「なんでもくん」を購入したのだが、従来成型しているもの全てにも印刷が出来ることになり、事業展開に役立つものになるだろう。 

新しい印刷方法で胸がドキドキワクワク!!

 先週新しい印刷方法に気がつきテスト印刷をしたら大成功!!娘も驚いていた。
今週はその印刷方法を機器として商品化する事を目指したい。昨日はダイソーに行きテスト用ワークを何種類も購入してきた。ガラス、金属、陶器、布などの容器の状態の違うものの全面に印刷テストをしてみたい。
 長年色んな印刷にチャレンジしてきているが、今回のような新しい印刷技術の開発が出来る、胸がドキドキ、ワクワクする。このワクワク感が私を健康にしているのではないかと思う。
 私は設計図を書くスキルがないので、木工であれば出来るので木工の試作機を創ってしまう。それを金属加工屋さんに持ち込み図面化してもらう。
 私が長年の付き合いをして貰っているフクムラと言う加工所の社長は図面無しでも造ってくれる。その社長のちょっとしたアイデアも提供してくれて良い商品になってしまうのでいつも感謝している。寡黙で言葉は少ないがものづくりには自信も誇りも持っているのが分かる。今回も世話になってしまうが、私が気が付いた機械を製品化して全国に送り出せるものにしてくれる。同じ「足立ブランド」認定企業になっているのがなおさら嬉しい。
 また、足立区にはものづくりの好きな仲間が集まって「あだちものづくりゼミナール」と言うのが有り、ものづくりの依頼を受けたことがある。メンバーが協力し合って依頼品を創ってしまう事もある。
土曜日のテレビの「ぶらり途中下車の旅」と言う番組で「ぶーにゃんコミニュケーション」の後藤さんから依頼された雪玉製造機が紹介されていた。
ぶーにゃんの後藤さんと舞の海さん。
ぶーにゃんコミュニケーション

雪玉製造機
雪玉製造機

 夏でも「雪合戦」があると言うのもぶーにゃんの後藤さんに教えられた。国際ルールも決まっており、子供も大人も楽しんでいる。ものづくりをしているからこんな場面にも出会える、だからものづくりは止められない。

「あだち新製品開発講座」で印刷の持つ高付加価値性の話

 一昨日は「あだち新製品開発講座」が有った。私は毎回講座の最初20分ほどの講話を受け持っている。私は自分が「なんでもくん」というパッド印刷機を発売しているのでこれまでパッド印刷について話すことはなかった。自分の創った印刷機を勧めるような感じがして話し難いと言うのが本音だった。大塚先生の勧めもあって一昨日は印刷が持つ高付加価値性の話をした。印刷が新製品開発の切っ掛けになることもある。
 私の「なんでもくん」を活用して印刷についてはほとんど素人だった人が印刷屋として成功している人や自分の会社の製品や商品に印刷するのを外注していた所が印刷を内製化することで事業的に新しい方向へ踏み出す切っ掛けになった所の話をした。シールやラベルを貼るのと違って直印刷が商品、製品の信頼性が高まる事等々の話をした。
 月曜日に「なんでもくん」システム一式を引取りに来られる会社はゴム製品の成型屋さんですが、今までの受注製品とは違って自社開発の生活雑貨を展示会に出したところ評判が良く、その商品を販売したいと言う所が現れ発注して来たらしい。その時にその商品に名入れ印刷をして欲しいと言う条件だった。先日研修を受けた時に発注先にサンプルを見て貰うのを持ち帰ったので本格的な発注に繋がったのだろうと思う。印刷を外注したら販売コストも高くなる、内製化して少しでも販売コストを低く設定出来るだろうと思う。
 本業とは違った印刷がその会社の収益力を強める、自社製品だけでなく他社からの印刷依頼も請けることも可能になってしまう。その気さえあれば副業を手に入れることになる。
 自社の技術と設備を得意先のためだけに使っていた会社が自社製品で今までの分野と違うマーケットにチャレンジする。それが世の中のユーザー開拓に繋がりそれがその会社の強みになる。
 こんな話を聴いて少しは受講生は刺激を受けただろうか、関心を持った人は是非我が社に遊びに来て欲しいと話を結んだ。 
livedoor プロフィール
なんでも印刷日記
今パッド印刷に革命が起ころうとしております。
私のパッド印刷機は「なんでもくん」と言います。
形のあるものでしたら何でも印刷できるからです。
誰でも何処でも素人がまるで印刷職人のようになれる。
ある人は曲面の魔術師とも称しております。
興味のある方は安心堂の丸山に連絡下さい。

Profile
パッド印刷の伝道師
東京都足立区千住生まれ,小中高は区内です。
法政大学法学部法律学科卒業後証券界に身を置くも10年後、子供の時からものづくりに憧れがあり、生涯現役でいられる仕事を求め徒手空拳のまま全く経験の無い印刷業を開始し今日に至る。
株式会社安心堂として手動式パッド印刷機「なんでもくん」を開発し、販売している。またパッド印刷技術を活かし文字入り線香「焚経香」を発売している。
「なんでもくん」も「焚経香」も足立ブランドとして認定されました。
   自称「パッド印刷の伝道師」
現在あだち異業種交流会「未来クラブ」会長
「あだち大好き人間」を自認している。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
デザイン創造塾
Recent Comments
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ